『風俗病』と『勘違い』の関連性

『風俗病』と『勘違い』の関連性

本日のお題は、『勘違い』してる女の子⇒『勘違い女』のお話しです。
何をどう変換して、そんな考え方になっちゃったの?って人。
貴女の周りにもいませんか?
ナイトビジネス全般に言える事かもしれません。
風俗業に限らないようです。

ただ…この『勘違い』というミス。
風俗嬢さんのお仕事では致命的なのです。

早速、検証していきますね☆彡

『風俗病』と『勘違い』の関連性

風俗業界って、多分に世間とのズレがありますから、どうしても『非常識』な女へと変貌してしまいがち。
時として『金銭感覚』だったり、『一般常識』の欠如であったり。
徐々に酷さを増していき、最終的には『てんてん虫ちゃん』に変身してしまいます。
てんてん虫ちゃんの話
皆さんは『てんてん虫ちゃん』っていうワードを耳に目にした事はありますか?てんとう虫ではないですよ~♪なんだか可愛らしいワードですが、非常に悲しくも怖い内容なのです。何が悲しくて、何が怖いのでしょう!?『風俗あるある』の一つです!

末期症状が出る前に、とても分かりやすい症状がでるんですが、自覚症状が無い上に、誰も助言や注意をしてくれない業界ですから、先ず本人は気付きません。
その分かりやすい症状とは何でしょう?
それは、他者から行使される『自己否定』への強力な『反発』です。
ザックリ言うと、明らかな自分の怠惰による失敗であっても、『わたし全然悪くないですよね?』って本心から思ってしまう病気のようなもの。

どうして非常識な女に変貌しちゃうのでしょうか?
それはナイトビジネス特有のカラクリで、女の子が『勘違い』してしまうから。
キャバ嬢さんも、風俗嬢さんも、職種は違えど『エロさ』を武器に『男性(お客様)』に接客するお仕事です。
接客中は、街中を歩いてる一般の女性より身なりやお化粧をグレードアップし、やや暗い照明の中で、妖艶に演じていきます。
貴女の普段のグレードより、接客中は三段階ほど『お仕事用のいい女』に変身してるんですね!
っということは!?
店内、もしくは源氏名の世界から一歩外に出て、素の『自分』だったら…きっと誰もそこまで『よいしょ』してくれません。(笑)
『勘違い』は、こういうところから始まっていくんです。

仮に。。。
貴女が『ワキガ』臭い女でも、少々会話が鼻につく『嫌な女』でも、いいとこ『中の下』レベルの顔面偏差値でも、周りのキャスト陣より『ポッチャリ体型』であっても。
お客様は、先ず『貴女』に対して『貴女が気分悪くなる』であろう発言も行動も取りません。
それは、お客様自身が気分悪くならない為でもあります。
風俗店でもキャバクラでも、基本の楽しみ方があって、『女の子』を『チヤホヤする』というプレイを本能的にしてしまうのです。
お客様からのクレームは、余程のことがないと起こりません。

ナイトビジネス界隈にて、日頃女の子からよく耳にする『わたし、お客様から○○○なんて一回も言われた事ないよ!?』っていうフレーズですが、そんなの『当たり前』でしょ!(笑)
わざわざサービス料支払って、自分から気分悪くなるような行動するはずがない!って事が理解出来ない様です。
こんな事も分からなくなる…それが『風俗病』の第一歩ですし、『勘違い』の始まりなんですよ。

チヤホヤされて馬鹿になる

『風俗病』と『勘違い女』との関連性は密接なものです。
表裏一体であると言えるでしょう。
ようするに『勘違い女』になってしまった時が、てんてん虫ちゃんへのレールに乗った時なんです!
その時に、まだ、いろんな風俗店を転々としてなくても、いずれ転々とし始めるでしょう。

理由は意外に簡単なものであったりします。
毎日、お客様やお店関係者達から『チヤホヤ(社交辞令)』され続けた結果、『馬鹿』になってしまうのです。
脳内から『社交辞令』や『お世辞』、世間でよく使う『常識』的な『人間関係』の構築の仕方が理解出来なくなるほど『馬鹿』になってしまう。
本人の自覚は全く無し。

風俗病を発症すると、坂道を転げ落ちるように最短距離で『ダメ人間』になってしまう。
その最大の理由が『自覚症状のない』というところなんです。
そればかりか、『わたしは、こんな場所で【くすぶってる人間】等では決してない!』『みんな、わたしの才能に気付いてくれない!』『わたしの価値は、このお店では花開かない!』等と、妄想の世界に入り込んでしまいます。

地道な仕込み作業をサボってしまった事には、決して触れません。(笑)
自身の怠惰による被害も全て、自分以外のところに擦り付け始めるのです。

お店を転々とする理由も、そのまま現状維持でお店に在籍したままだと『売れてない女の子』という現実を毎日自分で確認しなければならず、そんな屈辱的な場所からは逃亡したい!というのが本音なのでしょう。

最後に

人間は、『欲望』で成長進化してきた生き物です。
欲望の中にある『ワガママ』も、ある意味生きるために『必要』なものです。
『普通』は、欲望の対極にある『我慢』が、『欲望』と程よくブレンドされた状態のはず。
特殊な業界でお仕事する中で、『チヤホヤ』される環境に脳内が『馬鹿』モードになって、丁度よいバランスが狂い、『我慢』を失くしてしまう。

勘違い女になっていく過程は、きっとそんな感じなのでは!?
誰も助けてはくれませんよ。
ナイトビジネスの怖い所です。
所詮、自分のことしか考えてない人間の集まりですから。

ましてや『風俗嬢』というお仕事は、個人事業主ですもの。
対価の享受も、不利益の後始末も、全て自己責任なんですね…社会的にも法律的にも。

『お金』の為に風俗の世界に入って来たんでしょ?
だったら、狡猾に!
意味のない『自己肯定』『一銭の銭にもならない見栄』の為に、一番の目的である『お金』を手放すなんて愚の骨頂です!

只々、愚直に『お金』を追いかける方が、時にそれが回り道であっても、最後には笑って(目標金額の達成)引退出来ると思うのです。
今日の格言として一つ!

『金にならない見栄は捨てろ』(笑)


他にもご不明な点、素朴な疑問、面接したいんだけど!?などご遠慮ご負担なく新宿 高収入アルバイト情報、またはこのブログのコンタクトフォームからでもお気軽にご連絡くださいませ☆彡

お電話でのお問い合わせも随時承っております☆彡
03-6265-9590 O.t.o.n.o(おとの)まで